DSC-HX30V 修理

私が個人的に気に入っているサイバーショットシリーズ

光学20倍ズーム
1860万画素
WiFi・GPS搭載

大分前中古で購入し、そのまま置き去りになっていた物を片付けの最中に発見し充電後久しぶりに起動するとボタンの上が効かないのと、撮影時のプレビューで黒点が表示される症状が発生していたので修理することにしました。

まず基本的な構造は同シリーズのDSC-HX10Vと同じなのでササッと分解していきます。

HDMI側にはビス三本
端子カバーの内側に一本あります。

こちら側はハメコミパネルなので底辺のビスを外した後、下にスライドするように引っ張ると外れます。
本体下部にもビス三本
ビスを外すとパネルが外れます。

上記の部品を外すとこのようにパネルを外せます。
最初の不具合であったコントロールボタン
基盤側のプッシュ感はあるのを確認
単にボタンがズレていただけでした。

ボタン裏
この突起を基盤側の溝に合わせて嵌めるだけ
ボタン部の基盤は下から上へスライドさせると外れます。

液晶を右側へ開きます。
この時ケーブルを破損しないように注意

ここと

ここのビスを外すと保護カバーを外せます。
センサー部まであと少し
中央三本のビスを外します。

バッチリセンサーにゴミが付着していましたのでブロアーで吹き飛ばします。

はい
綺麗になりました。
再組み上げして完了
ボタン、撮影画面での黒点もなくなり完全復活
またしばらく使えますね。

カテゴリー: カメラ | コメントする

SMC PENTAX-FA 1:4 28-70mm AL

先日カメラのキタムラで見つけた1995年に発売されたペンタックスの標準レンズ。このレンズは当時のZシリーズなどについてきたキットレンズとのこと。扱い安い28-70mmのズーム域に加え全域でF4通しで使えるので単焦点レンズ的な使い方もできます。

ジャンク扱いだった為激安でした。帰宅し状態を確認するとレンズ内にホコリと若干のカビあり。いつものように清掃開始。前玉からはアクセス不能なので後ろからアクセス

電子端子部分が独特ですね。

カバーを外した状態。
この状態でズームリングを回すと後ろ玉がせり上がってきます。

カニ目を利用してレンズを外します。
この先へのアクセスは完全に壊してしまいそうなので諦めました。清掃できる範囲でカビ取りとホコリを除去し再組み上げ。

そして組み上がったレンズとXE1で試し撮りした写真を載せていきます。

28mm 広角での撮影
布というか生地の質感がすごく良く出てると思います。
こちらは解放での撮影
最短撮影距離40cmまで寄れます。
水の感じがよく出てるなぁと思いました。
暗い部分の描写も問題なし
逆光にもこの年代のレンズにしては強い
色彩の発色も良好

このレンズの良いところは小型・軽量なボディ。絞り環を備えているので完全MFでの操作が可能。XE1との組み合わせだとかなり軽く持ち運ぶのも楽です。散歩しながらのスナップ撮影にこれから使えるレンズが増えました。カビも若干残っているのですがほぼ影響なしですね。状態のいい個体を見つけた場合はぜひ試してみてください。

カテゴリー: アフィリエイト, カメラ | コメントする

CyberShot DSC-HX90Vが素晴らしい (1/24追記)

普段通勤途中に良いなと思った風景や花などを撮影するのにコンデジを常に鞄に入れてるのですが、いつも通りフリマアプリ見ていると今まで使っていたDMC-LX3,DSC-HX10V両方を合わせたようなコンデジの存在を知りました。最近は一眼レフにばかり目が行っていてコンデジの最近機種に疎くなっていました。いつの間にか進化してますね

欲しいと思うと我慢ができないので、各メーカーの高級デジカメを調べることに。

——判断基準——-

ファインダー搭載
光学30倍ズーム
リモコン操作の可否
WiFi対応
2000万画素前後
GPS搭載
という条件で探す

その間に今まで使っていたコンデジを売却して資金捻出し予算と性能を見比べて上の条件を満たす表題のサイバーショットにしました。

新品は今でも良い値段します。もちろん新品買えるほどの資金捻出にはならなかったので中古を購入。この機種にするにあたって悩んだのが同じソニーの高級デジカメであるRX100シリーズ。調べてみると、まぁ綺麗な写真が撮れる!ひと昔前の一眼レフ以上の性能なんですが中古でも人気で値段がそんなに崩れていない。初代なら安くなっていますがズーム倍率・アプリが使えない。

そこでこの機種に。しかもこのHX90VはRX100M3とほぼ同機能
違いといえばズーム倍率とレンズのF値の差。価格もRX100M3よりかなり安い。
程度の良いものを購入し昨日届いたので早速開封

触って最初に思ったのが予想以上に小さく軽い
ファインダーは本体横のスイッチによるポップアップ式。出したあとファインダー部を手前に引いて使用。最初それに気づかずファインダーからの映像がピンボケで不良品かと焦りました。

次に主な機能

GPSはON,OFFが可能
アプリはリモコンとポートレートのアプリのみ対応でした。タイムラプスアプリに対応してないのは残念
手振れ補正も搭載
WiFiでスマートフォンと接続しその場で写真転送可能

実際に撮影した写真載せていきます。まずは広角からの望遠

最広角24mm
綺麗に写る
↓部分へズームすると
光学30倍
いやぁ凄い
そして月も撮ってみました
撮った瞬間「マジか!」と思いました
高感度モードでの撮影ですが月のクレーターまでクッキリ!
これ撮れた瞬間、この機種にしてよかったと思いました。
逆光性能確認
ゴーストは出ますね。
うまく角度を変えると出ないように撮影できます。
夕焼け
めっちゃきれー
マジックアワー
この瞬間たまりませんね

数枚撮影した写真を載せてみました。星空を写すにはレンズの明るさが足りないので向かないですが、それ以外の被写体にはオールマイティに使えるカメラです。スマホ以上の写真を撮りたい、せやけど一眼レフは大げさに感じる人に最適なカメラと思います。新しい通勤の供ができました。

先日スーパームーンの前日に夜空が晴れたので星が写るか試してみました。

すると・・・

ISO、SS、F値をマニュアルで操作。ピントはAFで撮影
ピントバッチリで星も写りました
いやぁこのカメラ凄い!
ちなみにピントもMFで合わすことも可能です。
こちらは光学30倍ズーム、手持ちでの撮影
鳥の撮影でも実力を発揮します。
カテゴリー: 未分類 | コメントする

角型ハーフNDフィルターを使用してみました。

先日 Cokin 角型レンズフィルター P121S ハーフグラデーション ソフトグレー 2 (ND8) 84×100mmを購入し本日金剛山登山に行ってきた際に試し撮りしてみました。

角型フィルターを取り付けるにはレンズの口径にあったアダプターとフィルターホルダーが必要になります。

フィルターホルダーにはネットであまり情報のない[BREAK THROUGH PHOTOGRAPHY製のfilter holder X100を使用しています。

装着するとこんな感じになります。

SIGMA 24mm F1.8 DG MACRO ASPHERICALに77mアダプターを付けて装着

フィルターを差し込むとこのようになります。
角型フィルターのいいところは汎用性の高いこととフィルターの角度を自由自在に変えることが出来ます。

そして、実際にハーフNDフィルターの有る無しで撮影してみました。

どちらも同じ設定で撮って出しです。
設定はISO100 SS 1/125 F9 24mm

空の色が綺麗に出てるのが分かりますでしょうか?
フィルター無しで空の色を出す場合感度を下げるか、シャッター速度を速くしないとダメです。しかしながら空を基準にすると手前の被写体がどうしても暗くなってしまいます。そのバランスを良くしてくれるので全体的に色合いのハッキリした写真になってくれます。かなりいい感じ。

空と景色をバランス良く撮りたいと考えている方にお勧めします。

カテゴリー: アフィリエイト, カメラ | コメントする

Lensbaby 2.0

アメリカ レンズベビー社製の独特なボケ味を楽しめるレンズ

撮れる写真も特殊で、しかも扱い方も特殊。以前から興味はあったのですが結構なお値段。いつものようにフリマアプリ見てたら訳アリ品中古が出ておりしかも安かったので購入してみました。

見た目から独特。ピントリング、絞りリングのないレンズ

鏡胴はジャバラで出来ており自由自在に曲げたり伸ばしたり出来ます。曲げる方向により写真も流し撮りしたような具合に流れるのですが、これが凄まじい・・・

では絞りはどのように変えるのか?ということなんですが、写真のレンズ左横に写っている虫メガネみたいなケースにマグネット式の絞りリングが入っています。

これが絞りリング。
今回F4に相当するリングが欠品なのが訳あり理由でした。
星型のリングがありますがこれを使って撮ると下のような写真になります。

このリングはマグネットシートを自分でカットして作ることも可能

ハート型にくり抜いたリングを作ればハート型のボケが楽しめます。
インスタ映えな写真には最適レンズかも?

どこにでもある自販機
ボケの部分と表示の部分が星型になっているの分かりますでしょうか?
このようなボケを楽しめます。
こちらが説明書
手ブレせずに撮るのは至難の業です・・・


絞りリングを装着しない状態がF2となり、まぁピント合わすの難しい

こんな感じで真ん中のみピンポイントでピントが来て、周りはブワッとボケます。
自然と真ん中に視線が行く写真になります。
先に述べたようにジャバラを曲げるとこのボケが曲げた方向に流れます。
こちらはF5.6の絞り環を装着して撮影
普通の写真を撮ることも可能です。
見た目もインパクト大です笑
ちなみにフルサイズ対応レンズでした。
カテゴリー: アフィリエイト, カメラ | コメントする

Samyang 14mm f2.8

星空撮影してる人たちからの支持が高い超広角レンズ

GANREFにもほぼ同じ内容を書きましたが、こちらでも書きます。

以前よりfisheyeではない明るい超広角レンズが欲しいなと思っていました。色々調べると日本では表題レンズの評判がすこぶる良い。海外では同じメーカーのSamyang24mmf1.4の評価が高いです。定価では結構な値段がするので中古で探していたところやっと予算内でGET出来ました。

早速しぶんぎ座流星群を撮るために持ち出して撮影してきました。

カメラはα7IIを使用

まずソフトフィルター有りで撮影した写真がこちら

ISO 3200 SS20秒 F2.8
Lee Filter No.3

このレンズは全面にフィルターを取付けることが出来ません。加えて後ろ玉にもゼラチンフィルターホルダーがありません。その為前に書いたインナーフィルターにて撮影しました。

この写真を冒頭にGANREFでも記事を書いています。

まず写真中央部分の星が綺麗に点で写っています。周辺にいくにつれ、やはり流れてしまいますが許容範囲内ですね。14mmの画角は凄い。ほぼ肉眼で見てる範囲を写せます。ただピントを合わせるのが難しい。インナーフィルターを入れた状態で星にピッタリとピントを合わせることが出来なかったのでフィルターを外して合わせたのちフィルターを再度装着しました。ちなみにピントは下の写真の位置で合いました。

ピントリングのトルクはちょうどよくまたレンズ自体もそこそこの大きさなので大変扱いやすい。
もちろんフルマニュアルレンズです。

個体によって無限遠の精度にバラつきがあるようなのでピントの参考程度にご覧ください。

次に中国・深圳発のメーカー「七工匠」の7Artisans 7.5mm f2.8 fisheyeとFUJIFILM X-E1 + Lee Filter No.3でも撮影してきました。

X-E1との相性が良いのかかなりいい感じに写ります。また私見ではありますが周辺部の星の流れはSamyang14mmf2.8に勝つくらい優れています。

こちらも無限遠の精度にバラツキがあるようなので星にピントのあった位置を載せておきます。

前にも書きましたがピントリングのトルクは固めです。

X-E1の発色やはりいいですね。これからの星撮影には欠かせないカメラになりました。

最後に流星の写真

新年最初の撮影で流星を捉えることができて幸先良い撮影スタートとなりました。

カテゴリー: カメラ | コメントする

マウントアダプターによる画角変化

現在のカメラセンサーには色々な規格があります。

その中でも代表的なのを挙げていくと

フルサイズ、APS-C、M4/3、1型、スマホに分類できます。

このセンサーの違いにより焦点距離、集光能力が変わってきます。

そしてレンズの焦点距離はフルサイズセンサーでの表記が基本となっています。
フルサイズセンサー対応のレンズをAPS-Cなどで使用すると画質は変わりませんが、焦点距離が大きく変わります。その逆のAPS-C専用レンズをフルサイズセンサーで使用するとクロップモードと呼ばれる画質が下がった状態や写真の四方が写らない(ケラレる)が発生するため実際は使用には向かないことになります。

このフルサイズセンサー用のレンズをAPS-Cセンサーで使用した場合に起きる焦点距離の変化を抑え、APS-Cセンサー機でフルサイズセンサー機に近い写真を撮ることが出来るようにするマウントアダプターがあります。

一般的にレデューサーアダプターやレンズターボという商品名になっていることが多いです。今回minoltaMDマウント~NEX Eマウントへ変換するlenzturboをアダプターを入手したので、APS-C機で通常のマウントアダプター、フルサイズ機で通常のマウントアダプターを装着して同じ条件で写真を撮って比較しました。

使用機材

カメラ α7II(フルサイズ機),α6300、X-E1(APS-C機)

レンズ Minolta MD W.ROKKOR 28mm F2.8

まずはAPS-C機のα6300に通常のマウントアダプターを使用し撮影

APS-C機にフルサイズセンサー用のレンズを装着した場合焦点距離は1.5倍になりますので、42mmとなります。

次にレンズターボ。こちらは焦点距離を0.726倍に縮小します 。

つまり28mm x 0.726 (レンズターボllの焦点距離倍率) x 1.5 (APSCの焦点距離倍率 = 30.492mmとなります。

パッと見で分かるくらいの変化があります。

上から画角の変化を撮った写真

近距離でこれだけの画角の差がありますので、遠景になると相当な差になりますね。画質の低下は無しです。

次にフルサイズ機に通常のマウントアダプター装着で本来の画角になります。

やっぱり広いですね~

もう一つ実験。ほとんどの人はカメラのメーカーを一つにしてると思います。しかしながら撮るシーンに合わせて向き不向きがやはり有り(腕がないだけですが・・)他のメーカーのカメラも使用したくなります。当然メーカーが違うとマウント形状も変わるため、またマウントアダプターを購入しなければなりません。そこでマウントアダプターを2個重ねて強引にカメラに付けると画角はどうなるのか試してみました。

マウント経由はMD→ソニーA→フジXマウントです。

このような感じになります。実際に撮影するとどうなるか?

このようにAPS-C機に通常のマウントアダプターを接続した状態よりも更に画角は狭くなります。画質や集光能力の低下は無しでした。ですのでどちらかのマウントアダプターをレデューサータイプにすれば画角はもっと広がると思います。

オールドレンズや色々なマウント形状のレンズをお持ちの方は試してみるのも面白いと思います。




カテゴリー: アフィリエイト, カメラ | 2件のコメント

SIGMA 105mm f2.8 DG MACRO EX 2019.3.4作例追加

いつものようにフリマアプリ見ていたら上記のレンズがカビ有りのジャンク品で出品されており相場よりもかなり安かったので購入


レンズ口径は58mm

マクロと通常単焦点との切り替えボタン有り
LIMIT=MACRO
FULL=単焦点
このレンズの最新版はインナーフォーカス仕様になっているため鏡胴は伸びませんが、旧型のこちらは鏡胴が伸びます。

ジャンク理由はレンズにカビ発生

写真を見ると前玉の裏のような気がしたので、まぁ掃除したら除去できると思い作業開始

真ん中にある白点がカビです。

最初他のレンズと同じように一番前のレンズ枠をゴム板で抑えて回そうとしたのですが、硬くて回りません。ほかの手段でやってみても外れないので後ろからアクセスすることにしました。

マウント部を外した状態
この状態で一番後ろのレンズ群を反時計回りに回すと外れます。
AFの際フォーカスを動かすギアのゴムベルトが伸びています。こちらはサイズ合うのを探して後日交換することにしました。
一番後ろのレンズを外した状態
基盤とギア群を抑えているビスを外します。
フォーカスリングのゴムベルトを外すとこのように上下がテープで止められています。このテープの状態を見れば過去に分解されたかすぐに分かります。分解跡は無しでした。
フォーカスリングの上部分
断線しないように注意しながら真ん中へ寄せて鏡胴を外します。
このようにフォーカス部の鏡胴が外れ赤丸部分のビスを外すと更に奥のレンズにアクセス出来ますが・・・このネジが硬くネジ穴を舐めてしまったので分解はここで断念しました。

再度組み上げて試写。ちなみに分解前に撮影した写真はこちら

めちゃめちゃ綺麗にボケます。マクロモードで撮影したのですが花の花弁までしっかりと映る。余り寄れないレンズの場合このような写真を撮るにはエクステンションチューブと呼ばれるマクロリングをカメラとレンズの間に組み込むか、クローズアップレンズと言われる虫眼鏡見たいなレンズを全面にフィルターを付けるように取り付ける必要があります。

そのような物一切必要なく、これだけクッキリ!いやぁ凄い

そして夜景も撮影

カリカリ!光芒ピカーン!
素晴らしい写り
こちらは分解し再組み上げして撮影したものです。

このレンズ凄いですね。旧型でこれだけの写りなので新型はもっと凄いのではないでしょうか?

また105mmF2.8という焦点距離と明るさなので赤道儀利用で星を撮影したら星雲をよりはっきりと捉えることが出来そうなので次回チャレンジしてみます。

年明け直後夜空を見上げたら雲が晴れていたので撮影してみました。
ISO3200 SS5秒 F2.8
たった5秒の露光でもオリオン大星雲の光を捉えることができました。
2019.1.8 金剛山にて撮影
どなたか落ちていた手袋を切り株に置いておられ、そこにヤマガラがとまってくれました。
ISO200 SS 1/800 f2.8
ビューティーホー
カテゴリー: アフィリエイト, カメラ | コメントする

LEEインナーフィルター制作

星景を撮影してる人には認知度の高いフィルター

その中でもLEE No.3ソフトフィルターが1.2等星をほどよくボカシ、微光星はほぼボケなく前景といわれる風景の輪郭を保持できるフィルターになります。

早速届いたので開封するとホントにペラペラのポリエステルフィルター

もうすこししっかりした材質だと思っていたのですがプラ板以上の薄さのポリエステルです。そのまま使うには不便なのでどうするかというとレンズ前に取り付ける角型フィルターホルダーというものを使用します。しかしながら本来このフォルダーはガラスで出来たフィルター,もしくはある程度の硬さのあるプラスチックなどで出来たフィルターを止めるための物です。LEE専用のフィルターホルダーも発売されているのですが、なんでそんなにするねん!てくらい高い

そこでどうしたかというとamazonにてkenko テクニカルガラスというものを利用。

この中に透明のガラス板が入っているので、そこにLEEフィルターを載せてホルダーにセットしました。

このようになります。あとはこれをレンズ前にセットして撮影します。しかしながらこのまま使用すると星以外の部分にもソフト効果が掛かるのと折角効果なフィルターなのでfisheyeや出目金超広角レンズには使用できません。

それを回避するためにフィルターを半分にカットし角型ハーフフィルターへ変更し、残りの半分を更に加工してカメラ本体とレンズの間に挟み込むフィルターを制作

準備するものは100円SHOPにある硬質カードケース。

これが必要十分な硬度があり且つ薄いので間に入れてもレンズ・マウントアダプターを装着することが出来ます。

作り方がセンサーの部分にあうように硬質カードケースをカットして枠を作り、そこにLEEソフトフィルターを必要分両面テープで貼り付けます。

完成するとこのようになります。



自分的には満足な出来映え

ちょうど雲が晴れていたので試し撮りしてきました。

α7II + SIGMA 24mm f1.8 DG Macro + LEE soft filter no.3 + 光害除去フィルター使用
X-E1 + 7artisans 7.5mm f2.8 fishey + Lee softfilter no.3

近所で撮影したものなのでトリミングしています。

オリオン座を形成する星がそれぞれいい感じにボケてくれています。

これでレンズ関係なくソフトフィルターを使用できるようになりました。

ついでにNDフィルターでも制作

便利です!

カテゴリー: アフィリエイト, カメラ, 未分類 | コメントする

7artisans 7.5mm f2.8 fisheye

中国・深圳発の七工匠が開発・製造しているレンズ

日本での認知度はまだ低いですが、カメラ愛好者達をリサーチし魅力的なレンズを発表してきています。

ラインナップの一つであるasp-c用のfisheyeを購入しました。

スペック

焦点距離 35mm換算7.5mm

今回フジXマウントを選択したのでasp-c換算11mmくらいの画角になります。

最短撮影距離 12cm

画角は180度と謳っていますが170度くらいです

f値 2.8 – 22

マニュアルレンズ

フォーカス・絞りリングともにクリック感のないリングになります。スカスカではなく適度なトルクがありますので撮影中に勝手に回ることはありません。ただ個体が小さいので手の大きい方には扱い辛いと思います。

装置写真

かなりしっくりきて見栄えも良い

Fisheyeは逆光に弱いレンズが多いのですが、このレンズは強い感じがします。

先日、試写をかねて夜景を撮影してきました。

1枚目は窓枠に直置き

2枚目は三脚から撮影

ともにしっかりと解像しており発色も個体の小ささを考えるとかなり良いと思いました。

星撮りにも使える感じなので、それはまた後日試してみたいと思います。

各社マウント用が発売されています。

2019.1.8撮影分追加
逆光にも強いですね。
中心から光の原点を逸らすと光芒も出ます。
遠景
これも良好
カテゴリー: アフィリエイト, カメラ | コメントする