ウェイク・バッテリー交換


毎日、暑い日が続きますね。しかも超大型台風10号が接近し、その進路も気になるところです。

暑い日が続くと車のバッテリーにも色々と負荷が掛かり出かけ先でいきなりバッテリー上がりを起こすこともあります。またバッタリーが上がってからだと近くにホームセンターや車用品店があれば直ぐに購入できますがそこまでの足がないと不便です。また通常の軽自動車のバッテリーは数千円で買えるのですがアイドリングストップ車の場合、専用のバッテリーが必要になりこれが結構高価

そこでネット通販で探すと店舗で買うほぼ半額で購入できるとこが有り、また不要バッテリーの回収サービスも付いてるとこもあります。今回は楽天市場で見つけた回収サービス付きのバッテリーを購入しました。


交換自体は至って簡単です。まずボンネットを開けてバッテリーのマイナス端子を外します。そのあとプラス端子を外し、バッテリーを固定しているステーを取り外落とさないように慎重に車外へ取り出します。この時ビニール手袋を着用すると滑り止め、感電防止にもなるのでお勧めします。

 

新しいバッテリーに乗せ換えて端子を付ける前の状態

乗せ換えた後、バッテリーがしっかり固定されているのを確認してから端子をプラス→マイナスの順番で接続します。この時多少の火花が出る場合がありますが落ち着いて作業します。

端子を接続後、エンジンをかけて動作を確認し問題なければ完了です。私はこの時ナビのデータなどは飛ぶことなくそのまま残っていました。車の時計は再度設定する必要が有り。

その後、更なる確認の為に車を発進させたところメーターの横にレーダー停止の表示。何これ?と思って調べたところ車の前方に付いている車間感知のセンサーがリセットされてしまった為に出たということが分かり対処法も調べたところ数キロ走れば新たに計測がされ正常になるとのこと

 

距離計の下に出てますね。

実際1km走るか走らないかでこの表示が消え、その後正常にセンサーは動作無事完了となりました。酷暑や厳冬期にはバッテリーへの負担が増しますので自分で交換してみたい方の参考になれば幸いです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です