逆光耐性が上がるフィルター


いよいよ本格的な春の到来とともに桜開花の時期がやってきました。見て良し撮って良しの桜はホントに待ち遠しく楽しみ。花や風景を撮る際に順光で撮るのか敢えて逆光で撮るのか悩ましいところだと思います。逆光で撮影するとレンズによってはフレアやゴーストが発生し折角の桜の色合いや風景の輪郭が失われてしまいます。そこで逆光に強いコーティングが施されたレンズを購入すれば一番早く解決するのですが、逆光に強いコーティングをされたレンズは一概に値段も高価になっています。今使っているレンズが気に入っていて買い替えずに、この問題を解消するのに良いフィルターは無いのか?探してる人は多いと思います。そこで今回手に入れたこちらのフィルターの紹介

WAKA DIGITAL UV FILTER
値段も安く49mm~82mmまでのレンズ口径に対応したフィルターが発売されています。フィルター自体は大変薄く作られており、写真はレンズに装着した状態です。フィルターの周りがゴールド加工されており高級感が有る。ダブルゴールドラインがカッコいい

加えて
16層多層加工光学フィルター、何と透過率99%突破 という優秀な性能

御覧のように透明感も高い!
実際に装着した状態と外した状態で撮影し比較してみました。

こちらはfilter無し
レンズはSIGMA 17-35mm DG EX HSM
カメラはSony α7RII

こっちがFilter有り
レンズも同じSIGMA 17-35mm DG EX HSM
カメラも同じα7RII

繰り返し見て比較すると分かると思いますが、フィルター無しの方はフレアにより太陽の周りの白くなる部分が大きくなっており、フィルター有りの場合はこの範囲が明らかに狭くなっているのが分かると思います。また水面、山の木々の色や桜の色などがフィルター有りの方がハッキリと撮影できています。実質1000~2000円の格安フィルターでここまで効果があるのは驚きです。
コストパフォーマンス抜群ですのでお勧めです!

カテゴリー: アフィリエイト, カメラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です