角型ハーフNDフィルターを使用してみました。


先日 Cokin 角型レンズフィルター P121S ハーフグラデーション ソフトグレー 2 (ND8) 84×100mmを購入し本日金剛山登山に行ってきた際に試し撮りしてみました。

角型フィルターを取り付けるにはレンズの口径にあったアダプターとフィルターホルダーが必要になります。

フィルターホルダーにはネットであまり情報のない[BREAK THROUGH PHOTOGRAPHY製のfilter holder X100を使用しています。

装着するとこんな感じになります。

SIGMA 24mm F1.8 DG MACRO ASPHERICALに77mアダプターを付けて装着

フィルターを差し込むとこのようになります。
角型フィルターのいいところは汎用性の高いこととフィルターの角度を自由自在に変えることが出来ます。

そして、実際にハーフNDフィルターの有る無しで撮影してみました。

どちらも同じ設定で撮って出しです。
設定はISO100 SS 1/125 F9 24mm

空の色が綺麗に出てるのが分かりますでしょうか?
フィルター無しで空の色を出す場合感度を下げるか、シャッター速度を速くしないとダメです。しかしながら空を基準にすると手前の被写体がどうしても暗くなってしまいます。そのバランスを良くしてくれるので全体的に色合いのハッキリした写真になってくれます。かなりいい感じ。

空と景色をバランス良く撮りたいと考えている方にお勧めします。

カテゴリー: アフィリエイト, カメラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です