曽爾高原にて


10.24 夕方から晴れてくる予報になった奈良県曽爾高原へ

ここはご存知のようにススキで有名なところ
行って最初に思ったのが台風により例年よりススキの量が減っているように感じました。しかしながら景観は変わらず素晴らしいところです。

そしてずいぶん前に中古で購入し使い続けている
sonyのフルサイズセンサーミラーレスカメラのα7II
APS-Cセンサー機のα6300で撮り比べてみました。

二つとも旧機種になり専門的なレビューはたくさんの方がされていますので、ここでは控えます。この二つを選んだ理由

α7II

・フルサイズセンサー搭載
・EVFにて液晶で実際に撮れる写真に近い画像を確認しながら撮れる
・高感度撮影に強い
・バリアングル液晶搭載
・撮ったその場でスマホに写真転送可能
・スマホからリモート操作(要アプリインストール)
・タイムラプス撮影(要アプリインストール)
・連射撮影にも強い

α6300


・APS-Cミラーレス機なので小型である
・EVFにて液晶で実際に撮れる写真に近い画像を確認しながら撮れる
・4K動画撮影可能
・バリアングル液晶搭載
・スマホからリモート操作(要アプリインストール)
・タイムラプス撮影(要アプリインストール)
・撮ったその場でスマホに写真転送可能

2機種ともほぼ同じ理由から選択。

この2つは主に夜間撮影や風景を撮るのに使用しています。特に星景色を撮る時に便利なのがピントピーキングと言ってどこにピントが合っているかを色を変えて表示してくれる機能。真っ暗な中で星にピントを合わすのにかなり重宝しています。当然ながらフルサイズセンサー搭載のα7IIの方がより広い画角にて撮影が可能です。

もう一つnikon D3300を以前所有していたのですが、これはバリアングル液晶ではないのがかなり不便だったので私の中でバリアング液晶は絶対条件となりました。地面スレスレや自分の背丈以上から撮る場合とか時に便利です。

2機種のデメリットはともにバッテリー消費が激しい。それ以外は満足

撮った写真を載せていきます。

その前にお願い。私の撮った写真をPCやスマホに保存して壁紙などに使用するのは自由ですが、SNSへ自分が撮影した写真であるかのような投稿をお断りします。それぞれに思い入れのある写真なので大変不愉快です。撮影者を表示しての使用は可能です。ご理解よろしくお願いします。

以上六枚はα7II

以下はα6300で撮影

そしてα7IIで撮影したタイムラプス動画

 

2機種とも一世代前のカメラになり価格も手ごろになってきていますので、これから一眼レフを初めて見たい方にもお勧めのカメラになります。特にフルサイズセンサーで撮る星景色はたまりません^^

カテゴリー: アフィリエイト, カメラ, 写真, 日常, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です