VILTROX NF-E1


カメラネタです。

SONYのEマウントカメラには他社のレンズを使用出来るようにするマウントアダプターが多数発売されています。その中でもAF、exif情報の書き込みに対応したマウントアダプターは高価になりがちです。そんな中でも飛びぬけて高いのがNikonFマウント用をEマウントに変換する電子接点付きのマウントアダプター

現在三種類が発売されていますが、その中でも認知度の高いのはCommlite CM-ENF-E1 PROです。しかしこれが高すぎて購入を躊躇するくらいのものになり見送っていたのですが、同じタイプでまだ安価の物がVILTROXより発売されているのを知り、また使用しないサーフボードが売れて臨時収入があったので中古ですが新品・未使用なのを発見し購入しました。

本日届いたので開封

中国語っぽい表記の箱、中の説明書にも日本語説明はなく英語と中国語?のみとなっています。しかも本体は嘘みたいに軽い余りに軽いので大丈夫なのか?と思いつつ確認。本体には電子接点がありますが、内部ミラーはありません。とりあえずα7IIと公式の対応リストには入っていないのですが、まぁ動くやろと思いながらSIGMAの超望遠レンズを装着し試してみました。

試写してみると何と!AF動きませんでした・・・

exif情報はしっかりと記録されています。試しに他のSIGMA製のFマウントレンズを数本試しましたが何れも公式サイトリストの動作確認にはないレンズでAFは反応しませんでした。

このマウントアダプターはUSB経由でパソコンと接続すると本体ファームウェアのアップデートが可能となっています。しかしながら説明書には方法の記載がない。まぁ不親切

仕方ないのでネットで調べたら動画があったので試してみましたのですが、最初手持ちのUSBケーブルでPCと繋いでも全く認識しない。カメラと繋いでするのか?と思いましたが、これも違う。さてはケーブルとの相性か?と思い違うケーブルで試したところ無事認識しました。

この認識したアダプター本体に公式よりダウンロードした最新ファームウェアをコピーします。

ファイル名はNF-E1-Update1.2.vtxというもの

これをコピーすると一切のメッセージの表示もなく、いきなりアップデートが始まり終わるとコピーしたはずのファームウェアファイルが消えています。大丈夫なのか?と思いながら再度上記の組みあわせで試したところ動作しました。

AFはやっぱりダメでしたが・・・

このマウントアダプターの利点としてGタイプ、ノーマルFマウント両方のレンズを装着することが出来ます。この点は便利ですね。ニコンマウントのレンズをAFで使いたい場合はnikonのカメラを買うほうが賢いと思います。

amazonにて日本語説明書付きのものが発売されています。興味ある方は購入してみてください。

カテゴリー: アフィリエイト, カメラ, 通販 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です