光害除去フィルター AstroNomic CLS-CCDが凄い


最強の光害除去フィルターと謳われるAstroNomic CLS-CCD

これを使うと街灯などの光溢れる街中でも星を白飛びせず写すことができます。装着方法はマウント内に直接入れるタイプなのでFishEYEなどの直接フィルターを付けれないレンズにも使うことが出来ます。

早速今晩近所の夜空が晴れていたので撮影してきました。

一枚目 Sony α7II + SIGMA FishEye 15mm f2.8にてISO3200 SS8秒 F4.0

2.3枚目 Sony α7II + SIGMA 28-70mm F2.8 にて ISO 3200 SS8秒 F4.0

4枚目      Sony α7II + SIGMA 28-70mm F2.8 にて ISO3200 SS8秒 70mm F4.0

光害溢れる街中で星を撮ろうとしたことのある人なら良く分かると思うのですが、この設定で撮影するとほぼ真っ白に近い写真にしかならないはずなのに、星がクッキリ!と映ります!

すげ~~~~

これ光害が少ないところで試したらどんな写真が撮れるのでしょう?
やばい!楽しみすぎる!

 

 

カテゴリー: カメラ, 電化製品 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です