ダイハツ キャンバス ホーン交換


嫁用のダイハツ キャンバス

先日嫁から純正ホーンの音がショボいから交換してほしいと要望があったのと、行程を調べてみるとバンパーを丸ごと外すなど見た目は大変そうなのですが、割と簡単にできそうな感じ、そして、ちょうどいいタイミングで安くて音が良く、ダイハツ用のハーネスセットの物があったので購入。

届いた箱を見て思ったのが、どこのメーカー?聞いたこともないとこなので大丈夫なのか?と想いつつも音に関しては事前にYoutubeで確認していたので、とりあえず取付てみることに。

軽自動車はほとんどがそうなのですがフロント部分に無駄なスペースがない場合が多く、したがって手を突っ込んでホーンだけを交換という作業が出来ません。キャンバスも例外ではなくバンパーを丸ごと外す必要がありました。

バンパーは車体にクリップピンと呼ばれるプラスチック製のピンでとめられています。
サイド部分のみ噛み合わせタイプなのでバンパーを下に引っ張るとロックが外れます。

流れは写真参照

赤〇部分にクリップピンがあります。

すべて外します。

サイド

裏側にフォグランプの配線カプラーがあるのでいきなり全体を引っ張るとカブラーが破損するので注意。カブラー外すとこのようにバンパーがごっそりと外れます。

純正ホーンは左下に

この位置には今回購入したホーンは入らないのでカプラーだけ外し付属していた二股を付けます。二股も配線コードが短いので間をチョン切って延長コードを作って調整

取付はフロントタイヤハウスの前に。

取付後バンパーを戻す前に動作チェック

良い感じ

特にトラブルもなく1時間ほどで出来ました。

 

カテゴリー: , 電化製品 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です