NEX-5 ローパスフィルターレスに改造


最近とんと出番のなくなったSony NEX-5。何かいい活用方法がない物かと考えていたところフリマアプリにてローパスフィルターを除去し赤外線撮影や星景写真撮影用に改造したものが出品されているのを発見。

ローパスフィルターは本来そのままだと光の中に含まれる赤外線にデジタルセンサーが過剰に反応し赤飛びした写真になるのを防ぐために備えているフィルターになります。しかしこれが星や星雲を撮る際逆に作用しすぎてしまい星雲が写らなくなります。そこで星を撮る人の中ではローパスフィルターを自ら除去するか専門の業者に改造依頼することが知られています。

色々調べてみるとNEX-5は分解の難易度が低く改造もしやすい機種のようなのでチャレンジしました。

作業に必要な物

100均で売っている精密ドライバーのプラスとマイナス
埃飛ばし用のブロアー
ピンセットもあれば便利

作業工程

①まずバッテリー、SDカードを取り外します。

今回の改造の際、マウント側は一切分解しないのでキャップを嵌めるなどしてマウント内に異物が入らないようにします。

②本体下部の3本のビスを外します。

③本体上部フラッシュ部のビスを外します。

④USBコネクタ部分のビスを外します。

⑤グリップ部のビス2本を外します。

⑥ここまで進むと本体後ろ側カバーを外すことが出来ます。

パネルを割らないようにゆっくり慎重に開けていき、最後に液晶を抜くと完全に外れます。

⑦基盤カバーを固定してるビスを外すために、カメラ上部側のビス3本とコントロールパネルのフレキシブルケーブルを外します。

⑧カメラ下部のビス2本を外します。

⑨液晶を見て左上のビスも外します。

⑩液晶を見て左側フック部分のカバーを外すとビスが出てきますので、これも外します。

⑪ここまで基盤カバーを外せるのですが、より作業をしやすいように液晶画面用のフレキシブルケーブルを外します。

ネットで検索すると基盤側を外してる方がほとんどなのですが、いかんせん作業スペースが狭いので私は液晶側を外すことを選択

液晶裏にあるビスを外します。

⑫カバーを外すとケーブルが見えるのでロックを外しケーブルを分離します。

⑬ケーブルが外れたら基盤カバーをゆっくりと剥がしていき、最後に液晶の可動部隙間からケーブルを抜くと完全に液晶部分を外せます。

⑭基盤を外すために、接続されているケーブル全てを抜きます。

⑮ケーブルをすべて抜くとUSB関連の基盤がごっそりと外れてセンサー部まで、あと一歩!

センサー裏側のビスを外すとセンサー部の取り出し完了!

⑯フィルターは外枠で保護されているので爪のとこを浮かすと保護フレームが外れます。NEX-5はセンサー部分とローパスフィルターが両面テープで接着されていますので、ドライヤーで30秒ほど温めてからカッターナイフを使い剥がします。

あとでローパスフィルターを再利用しようと思っている場合は慎重に。そうでないなら豪快にいきましょう

ローパスフィルター除去に成功!あとは逆の手順で組みなおしていきます。光害フィルターを付けることを考えている場合はこの時にフィルターを付けて組直すと後日再分解の手間が掛かりません。

組みなおし完了

早速試し撮りしてきました。

まずはホワイトバランスをオートにて撮影

赤外線を妨げていたフィルターがなくなったので、このように赤い写真になります。
次にホワイトバランスをカスタム設定にて撮影すると

SONY DSC

このようにカラー付きになります。緑の発色がかなり抑えられていますが解像度は損なわれずに撮れています。

上2枚はカメラのよる現像での撮ってだしです。

次にRAW現像してみました。

このように更に色だしもできます。

同じように撮って出し(上)とRAW現像(下)

中々味のある写真が撮れて面白い。

夜空の条件が良いときに星雲撮影にTRYしてみたいと思います。

カテゴリー: アフィリエイト, カメラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です