Tokina 20-35mm F3.5-4.5


こちらはハードオフにて発見

マウントはCanon EF
暗いレンズですが、広角レンズでありAF,MFともにシャッター時異音ありと線カビありなので投げ売り状態だったので購入

仕様

発売  1990年代
焦点距離 20-35mm
最短撮影可能距離 40cm
レンズ口径 72mm
F値 3.5-4.5

最初に線カビの清掃

前レンズの上に抑えリングがあるので、これをゴム板使って回して外したのち
カニ目レンチを使うと前玉群がゴソッと取れます。

前玉群をカニ目レンチで全バラシ

後から2枚目はガッチリ嵌っていたのですので外れないかな?と思ったのですが、逆さまにしてテーブルに打ち付けたら外れました

レンズ構成はこのようになってます。

3段4枚のレンズ。カビキラーと中性洗剤で洗浄し完全乾燥させたのち再組み上げ

後玉も開けてみましたがすぐにパターン基盤で覆われていたので、これ以上分解せず

ただレンズ縁にはカニ目溝があるので簡単に外れると思います。

組み上げた後、canon eos X7に着けると通信エラーで使えません

NEXへのマウントアダプターを使用しα5000に装着したところ無事使えましたので試し撮りしてきました。AFは使い物にならず、MFで使用

まずは足元で寝ていたワンコを撮影
ふわっとした感じで写り、毛の感じが良く出てると思います。

次に屋外へ

広角レンズなのでピンポイントではなく全景を撮るのに使えそうです。

ただやはりf値が3.5~4.5なので暗いかな~

カテゴリー: カメラ, 電化製品 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です