LUMIX DMC-LX3


暇な時にフリマアプリを見てたところカメラマニアさんには堪らないレンズを搭載しているコンデジが出品されているのを発見。何が堪らないかというとレンズ単体で10万は軽く超えるライカレンズを搭載している。ちょっと前からどんな写真が撮れるのかと興味はありましたがちょいと手が出せない金額であきらめていたところPanasonic LUMIX DMC-LX3を発見。もちろんコンデジ搭載用に改良されているとはいえライカレンズ搭載機。しかも相場よりも安い。おまけにコンデジなのにraw保存できる。マニュアル撮影、開放F値2.0。これ星空も撮れるのでは?と1時間悩んだ末にポチっとしていまい、先日届きました。

ファームウェアのバージョンを確認したところ初期の1.0のままだったので公式HPよりダウンロードし早速アップデート

金属ブラックボディで手に心地よい重みが伝わるコンパクトデジタルカメラ

仕様

品番 DMC-LX3
光学ズーム 2.5倍
カメラ有効画素数 1010万画素
電源 リチウムイオンバッテリーパック(付属 3.7V、1150mAh)
ACアダプター (別売、100~240 V対応)
充電時間(付属バッテリーパック) 約120分
撮影可能枚数 約380枚(CIPA規格※1)
外形寸法 幅108.7×高さ59.5×奥行27.1mm(突起部を除く)
質量 約229g(本体)、約265g(バッテリー、レンズキャップ、メモリーカード含む)

 

画素数こそ最近のカメラと比べるとかなり力不足かなと思ってたのですが、実際に撮影すると・・・綺麗に写りますね~

まず昨日行ってきた高野山での写真

いいですね~。カチっとした写真が撮れます。次に今日梅林にて梅の花をマクロ撮影

このカメラマクロモードだと1cmまで近寄れる

背景をぼかして一眼みたいな写真が簡単に撮れる

いや~いい買い物しました。

同時にα5000 + Canon Lens FL 50mm 1.8 + ExtentionTubeにてマクロ撮影もしたので掲載

レンズは30年前くらいに発売されたオールドレンズ

いわゆる接写リングを装着しての撮影のためピントがかなりシビアになりますが、このようなふわっとした写真が撮れて大満足^^

instagramなどでグルグルボケレンズとしても知られていて、下のような写真も撮れます。

小春日和で暖かく良い一日でした。

追記

月が出ておりあまりいい条件ではないのですが、雲がなく夜空が晴れているので星空撮影してきました。

F2.0 SS4秒 ISO800で撮影したRawデータから現像

丁寧に現像すれば、もう少し星を炙り出せそうな気がします。
いいコンデジです!

 

カテゴリー: カメラ, 電化製品 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です