SIGMA SUPER WIDE 24mm 1:2.8 MULTI-COATED


某リサイクルショップにて見つけたオールドレンズ

外観は汚れありですが、レンズ自体に目立つ傷なく値段も安かったので購入してみました。

構成:7群8枚
最短撮影距離:18cm
最大撮影倍率:0.25倍
絞り羽枚数:6枚
最小絞り:f:22
フィルタ径:φ52mm

最短撮影距離が18cm!ここまで寄れるレンズも珍しい
オールドレンズなので当然MF

MFレンズでもカメラ本体にピントピーキング機能が搭載されているとピンボケ写真連発を防ぐことが出来るので最近はMFばかりで撮影しています。

後レンズ群に若干カビのような物が見えるので分解清掃

マウント部(Minolta MDマウント)

一番後ろレンズにはカニ目穴あり。カニ目レンチで簡単に外れます

ネギ回し構造になっていますので逆回しにてバラすとレンズ3枚構成になっていました。

 

それぞれカビキラーで洗浄し完全乾燥

2段目の後レンズ群もカニ目レンチで外し洗浄・乾燥

2段目を外すと絞り羽が丸見え

中にはホコリの混入もなく綺麗でした。

前レンズ群の清掃前に後レンズを組みなおし

レンズ向きに注意が必要。逆向きに組むとピントが全く合わなくなります。

次に前レンズ群

刻印リングと最全部鏡筒は一体型。ゴムバンドを外しフォーカスを回すと隙間からイモネジが見えるので、これを外します(緩めるだけでも大丈夫)

この前レンズ部分は捻じ込み式なので、ちょっと強めの力で反時計回しに回すと外れます

緩める前に位置合わせの印をしておきました

刻印リングが外れのでレンズサッカーでポンと前レンズを取り外し

間にスペーサー噛ましの3枚レンズ構造(2.3枚目の間にはスペーサーなし)

3枚とも洗浄し乾燥。組み直し時はイモネジを先に刻印カバーに取り付けてから嵌めます

レンズ外側も除光液にて綺麗にふき取り

ゴムバンドの汚れは中性洗剤で洗うと綺麗に落ちます。

本体洗浄前と洗浄後

綺麗になりました^^

作例

 

SIGMAのWIDEレンズは昔からいい感じに写るみたいで気に入っています

このような広角オールドレンズもあるようです。ちょっと欲しいな~

第435沼】SIGMA MINI-WIDE multi-coated 28mm F2.8  シグマの広角単焦点レンズですよ!珍しいですよね?

ちなみに、こちらのblog気に入って良くみてるのですが物凄い数のレンズを試されているのでオールドレンズに興味ある方は見てみてください。

外での作例は後日掲載予定

2/19 追記

先日撮影した写真を掲載

日中、夜景、星空ともに良い感じで写ります!

カテゴリー: カメラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です