Tokina AT-X 35-70mm 1:2.8


オールドレンズ4本目

フリマアプリにて安く出ており単焦点だったので購入してみました。

スペック詳細
レンズ構成 10群13枚
画   角 63.30-34.20゜
最近接距離 0.6m
絞り羽根枚数 9枚
最 小 絞 り 22
フィルター径 62㎜
全長×最大径 81.3×67㎜
重   量 510g
価   格 56,000円(’85)

85年発売なので30年ちょい経過、ほぼ金属部品で出来てるので手にズッシリとした重みが来るレンズ
如何にもオールドレンズって感じ

パッと見綺麗なのですが、中にカビが見えてるので例によって分解清掃します。

まず前玉付近にはカニ目溝が見当たらないので、品番が刻印されているリングで固定されていると思いゴムで外しに掛かります。

しかし、回りません!一旦諦めて前玉すぐ下のゴムリングを外してみました

するとビスが出てきました。この縦に並んでるビスが反対側にもあるので外し、前玉リングすぐ下周辺に小さいビス穴があるので良く見ると三か所極小ピンビスを発見。これも外すとフォーカスリングごと取れます

前玉が付いてる鏡筒はズーム部分と一緒なので時計周りにグルグル回すとグリスべったりで出てきました・・・

グリスを拭き取り、ズーム部分に前玉がネジ混まれているのでカニ目レンチを使い外します。

3枚構成になっていますが真ん中のレンズは外れそうになかったのでこのままの状態でカビキラー、中性洗剤で洗浄し乾燥。一番上の凸レンズも清掃、乾燥。2.3枚目の間に湿気が残るので食器乾燥機内にキッチンペーパー引いて完全乾燥させました。

中玉にもカニ目溝あり。カニ目レンチで取り外し
中々デカい中玉です。これも2枚構造になっていますが外せそうになかったのでこのまま清掃、完全乾燥。

後玉へ

下部のマウントカバー部分は外す必要なくカニ目レンチでゴソッと後玉を外すことが出来て楽チン。この後玉に数点カビあり。清掃分解、完全換装後組み上げて完成!

室内で試し撮り

F2.8 ISO1600で撮影

良い感じではないでしょうか?

外での作例

 

カテゴリー: カメラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です