OrbitMP(WEBカメラ)


家にツバメの巣を最初に作ってから三度目の春が来ました。

今年も帰ってきたので家の中からでも状況を確認出来るようにWEBカメラを設置し動画配信をしようと考え、大分前に購入して放置していたLogicool WEBCAMERA OrbitMPがあったので、そちらを有効活用

このOrbitMPというカメラは発売当時珍しかった自動顔認識、自動追尾機能が付いており

目標の顔を常に正面でとらえることが出来るカメラです。

画素数は130万画素

ドライバはWindows10標準ドライバで動きます。

カメラの操作、配信にはLiveCapture3を使用

LiveCapture3には単独で動画配信機能が付いていますが、こちらはセキュリティが全くなく誰でも閲覧することが出来ます。

セキュリティを確保する場合はapacheなどのhttpdサーバーを設置しディレクトリ・htaccess設定行い、指定したフォルダへ画像を保存するようにすることで可能です。

そして設置したところ左右には動くが上下にカメラが動かない

長いこと使っていなかったので仕方ないですね。

分解して中を確認してみました。

元値が高いだけあってしっかりとした作り

ハンダクラックなし、大きな損傷も見当たらず

治らないのでギア部分に紐つけてちょうどいい角度で止めました。

さぁ、いざ配信と思いカメラを設置し数日後

カメラをカラスと勘違いしたのかツバメは数件隣の家の巣に引っ越していましたとさ・・・環境の変化に敏感ですね・・・

来年帰ってこ~い

ちなみにこのカメラはSkypeなどでも使えます。

フルHD動画対応のカメラもお手頃価格で発売されていますね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です