SONY Cyber-Shot DSC-WX170

海での水中撮影用にDicaPackというデジカメ専用防水ケースを使用しています。

このケース波のサイズがアタマくらいの時に巻かれても、ドルフィンしても浸水しません。

今まで、この中にはPanasonic FE-5050というカメラを入れて撮影していました。

このカメラに不満はなかったのですが、某フリマアプリを見ていると

タイトルのカメラが安く出ていたので衝動買い・・・

届いて開けてみるととにかく小さい・軽い

DSC-WX170 (1) DSC-WX170 (2)

 

それでいて1820万画素 光学10倍ズーム

タッチ操作が可能な3inch液晶画面と申し分ない機能

Dicapackにも入ります

撮影した写真をすぐiPhoneへ送れるようにEye-Fiを使用していますが

本機で問題なく使用できます。

 

ただズームは最大まで使用出来ないですが、水中で使用するには十分なとこまでズーム出来ます。

Dicapack (3) Dicapack (1) Dicapack (2)

ケースに入れた状態でもタッチパネルの操作は問題なくできました。

水中でどんな写真が撮れるのか楽しみです。

 

 

Canon PowerShot SX510HS購入

先日海で流してしまったSJ4000を買いなおそうか悩みながら

amazonを覗いていたら以前から気になってた

光学30倍ズーム・WiFi内蔵カメラが安くなっていました。

また海で流すよりいいかも・・・と気持ちが揺らぎ・・・
買ってしまいました。

本日届いて試し撮り

本体ですがレビューにも書かれていたように思っていたより小さい
そして軽いですね

SX510HS (39)

 

同封品は簡易説明書、ストラップ、充電器、バッテリー、肩掛け紐

バッテリーは本体から取り出して専用充電器で充電になります。
USB経由で充電出来ないのはちょっと不便ですね

このカメラ撮った写真や動画をPCを使わずにiPhoneやスマートフォンに

専用アプリ(Canon Connect)をインストールすることにより転送できます。

Twitter,Instagramへ高画質写真を投稿するのがかなり容易になり便利

早速撮影してきました。

AUTOモードで数枚

SX510HS (9) SX510HS (12) SX510HS (15)

次に光学30倍ズームの効果が分かりやすいように動画を撮影

30倍までズームしても綺麗に撮影出来ます。

これはかなり嬉しい

これだけのズーム性能なら陸から波やライディングも綺麗に撮れそうです。

次に魚眼モード

SX510HS (11)

中々面白い感じ撮れます。

あと色合い確認撮影

SX510HS (24) SX510HS (25) SX510HS (26)

 

夕日をシャッタースピード、露出を弄って撮影

SX510HS (30) SX510HS (33) SX510HS (35)

 

設定を変えるだけでも違った写真になります。

かなり良いカメラですね

出かける時は持ち歩いて色々撮ってみます。

USBからの充電が出来ないので汎用品のバッテリーと

車でも充電できる充電器を本日注文してみました。

届いたら動作状況をレポしたいと思います。