Lenovo Yoga 3 Pro

Note PCが必要になり何か良い物がないかなと色々見ていたところタブレットみたいに使用できるタイプの存在を知り物色開始。このタブレットPCにも色々なタイプがありキーボードと本体を取り外しモニター部分のみを持ち歩きできるタイプ、今回購入した写真のLenovo Yoga3 Proのようにモニター部分が360度後ろ側に回転させてタブレットのように使用できる物、最初からタブレットタイプであるがWindowsライクな使用ができる物になります。

今回これを選んだ理由は取り外すタイプは脱着がめんどう、キーボードが無いものがPCとして使う場合不便である。画面がタッチパネルなのでPhotoshopで写真レタッチする際ペンタブレットを接続することなくペンで編集できるのでは?と思い購入を決めました。

届いてから本体を手にした瞬間感じたのが軽い!薄い!厚み的にはipadやandoroidタブレット同等の厚みです。PCでこの厚みは凄いなと只々感心。

 

天板部分。見た目も高級感があり所有欲を満たしてくれるのも嬉しいところ。モニターサイズは13.3インチにあり解像度はQHD(3200x1800)ととても広く作業がしやすくなっています。充電方法は本体左側面にあるUSB2.0ソケットに専用のUSBケーブルを差すことで充電できます。バッテリーの持ちは普通にWEBブラウジング、写真編集などをして3時間くらい持ちますね。省電力モードにすればもっと持つと思います。
モニターはかなり見やすい。この写真を撮った際は3Mののぞき見防止フィルターを貼っている為ムラがあるように見えますが実際はかなりクリアで文字の表示もしっかりしており大変良い。しかもチラツキも少なく目も疲れにくくなっています。画面照度はキーボードから簡単に切り替えが可能なので使用する場所により瞬時に切り替えができます。モニター部分を反転さすとタブレット型になりタッチパネルで操作できます。タッチ操作に関しては通常のノートPC状態でも反応します。100均にあるタッチペン(静電反応タイプ)が使用できました。
そして肝心のPhotoshopでのレタッチ作業でタッチ操作が可能なのか?という点ですが、メニュー操作や編集ツールの選択はタッチ操作が反応します。しかしながら肝心の画像部分はタッチでは反応せずマウス操作でないとレタッチ出来ませんでした。このあと悔しいので色々調べたところActivePenという物を購入すればできる?ようなのでLenovo Active Pen 2というBluetooth接続が出来るactiveペンを購入しました。こちらは届き次第レビューを追記します。レタッチ作業感なのですが、これは画面の解像度が広いためストレスなく作業可能。CPUはインテル® Core™ M-5Y71 プロセッサーを搭載。2コアながら力不足を感じることなく作業が出来ました。

このPC標準OSはWindows8なのですがWindows10にアップグレード可能です。しかしながらWindows10にアップデートした当初USBが全く反応しなくなりドライバーやBIOS更新をしてみても全く認識しない。色んなUSBメモリーやポータブルハードディスク、ワイヤレスマウスを接続するも認識しない。カードスロットは動作したのでカメラからSDカードを取り出して差し込み写真の取り込みは可能。ですがUSBが動作しないのはやはり不便極まりない。諦めて売ろうかも思っていたのですが、何か違うUSB機器ないかなと探したところUSB接続の有線マウスがありこれをダメ元で差してみたところ認識してマウス操作が可能に!。もしかして他のUSB機器も使えるようになった?と思い接続すると何をやっても認識しなかった全ての物が認識して使用できるようになりました。同じ症状で悩んでる方は一度有線マウスを差して試してみてください。

タブレットしてYoutubeなどの動画サイトの映像を見るにはかなり使いやすくスピーカーもJBLを搭載し音質もよく迫力ある映像をみることが出来ます。タブレットは欲しいけどandoroidは不便、iPadは高いと思う人にお勧めします。

Commlite CM-ENF-E1 PRO

お久しぶりの更新になります。

留守にしている間にコメントいただけた皆さんありがとうございます。

コロナによる影響が残る現在ですが、これからもたまに更新すると思いますのでよろしくお願いします。

さて、では本題に入りたいと思います。相変わらずカメラネタになるのですが割と気になる方も多い物をとりあげてみました。

写真に写っているマウントアダプターなんですが、こちらはSONYのミラーレスカメラでニコンFマウントのレンズでAFの動作が可能になる電子接点付きのアダプターになります。

これと同じ機能を保持するViltrox NF-E1というマウントアダプターがあるのですが。今回はそれと動作を比較してみましたので書いていきます。

 

 

二つ並べてみました。見た目的にも結構な差がありましてCommliteの方が作りがしっかりしており高級感もあります。その分大きさもNF-E1に比べて一回り大きくなっています。カメラ本体とレンズを装着した際の安定感もCommliteの方がガッチリ嵌りますね。見た目を気にする方は迷わずCommliteを選んでください。機能面についてはCommliteの方はファームウェアをVer7にすることでNF-E1を大きく上回ります。どこがそんなに変わるかというとNF-E1ではシャッターが下りなくなるGタイプ以前のレンズも使用することができます。残念ながらGタイプ以前のレンズではAFは動作しませんが。Exif情報は記録され、カメラ側で絞りの操作も可能となります。Ver6は試していないので分からないのですがVer5のファームウェアではNikon純正のレンズでもAFがちゃんと動作しない状態でした。もしファームウェアがVer6以前の方はCommliteの公式サイトからVer7のファームウェアがダウンロード出来ますので是非更新してみてください。

 

色々な角度からの比較写真です。

NF-E1の方はほぼほぼプラスチック性となっており、SIGMA 50-500mmを装着した時は結構グラつく感じで不安がありましたがCM-ENF-E1 PROは全くそんな心配なくガッチリ嵌ります。

どちらのマウントアダプターも公式にはNIKON純正のレンズしかAF動作を保証していませんが私の手持ちのサードパーティ製のレンズでAFの動作確認が出来た物を記載しておきます。

SIGMA 14mm f1.8 DG HSM Art 
SIGMA art 24-35mm F2 DG HSM
SIGMA 50-500mm f4.5-6.3 APO DG OS HSM
SIGMA  12-24mm EX DG HSM II

以下のレンズはAFは動作しませんが絞り、測光が利用できます。
NF-E1では下記のレンズを装着した場合シャッターが下りなくなります。

SIGMA APO 70-200mm F2.8D EX HSM
SIGMA 24-70mm f2.8 EX DG HSM DF
SIGMA 17-35mm f2.8-4 EX DG HSM
NIKON ED AF NIKKOR 300mm F4

となります

Commlite CM-ENF-E1 PROも価格が下がってきていますので。NIKONからSONYへ乗り換えを検討してる方や私のようにNIKONとSONYカメラを併用してる人には、かなりお勧めできる製品になっています。

若草山山焼き 2020

毎年第4土曜日に開催される奈良県若草山山焼きと花火の撮影に行ってきました。

2年前は平城京から撮影したのですが余りのカメラマンの多さだったので今年はのんびり撮れる場所を探しに少し早めに奈良公園入りしてブラブラ歩きながら撮影場所を確認。

花火と山焼きをメインに撮りたかったので若草山から直線距離で2kmくらい?の春日野園地で撮影することにしました。撮影した写真はこちらになります。

 

カメラ sony α7rii
レンズ SIGMA 24-35mm f2 DG HSM art
焦点距離24mm
花火と山焼きを比較明合成しています。
カメラ sony α7rii
レンズ SIGMA 24-35mm f2 DG HSM art
焦点距離24mm
花火と山焼きを比較明合成しています

春日野園地の後方には小さな池があるのですが、そこは早くにリフレクション狙いの人達で既に一杯でした。私は混雑をさけて中央辺りから撮影。24mmの焦点距離で上空一番高く上がる花火までフレームに収めることができました。

今年は10年ぶりに薬師寺の改修工事が終わり、そこから狙う人が多く現地は大変な混雑だったようです。また数日前からのマナー違反による場所取りも多くて混乱していたようでした。気持ちよく撮影・観覧したいのでこちらを選んで正解だったと思います。

再度PC組み換え

先日core i7 950構成に変更したばかりのサーバーPCなのですが、先日突然死した為再度組みなおしました。今回はcore i7 2700kでの構成。一応環境復元できたようなので再開します。おかしいとこ発見次第再度メンテを行いますので突然繋がらなくなることもありますがよろしくお願いします。

PC組み換え

 これまでメインで使用していたCore i7 950のPCなんですが流石に10年前のCPUということもあり写真の現像やレタッチの際に力不足を痛感するようになりました。そこでPCのグレードアップを考え中古PCパーツを物色。そこで目に留まったのが8コア16スレッドで動作するXEON E5-2670@2.65Gシステム。

CPU XEON E5-2670 Socket LGA2011
M/B  Intel DX79TO
memory DDR3 16GB
Video Card Gefprce GTX970

組み上げ自体は今までの自作PCと同じなので何もトラブルなく成功。Windows10のインストールもすんなりと終了。

肝心のフォトレタッチにおける快適さなんですが。lightroom,photoshopともに書き出しが速く、また施した画像処理の反映も早い。特に高画素機のrawファイルはファイル自体の容量も大きく読み込みにも時間が掛かっていましたがメモリ容量16GBのおかげでこれも格段に速くなりました。進化してますなぁ。これでより細かな処理も可能になり楽しみの幅が広がりそうです。

ついでのFFベンチも走らせてみました。

十分快適に完走。何かゲームをしてみたくなりますね。

ウェイク・バッテリー交換

毎日、暑い日が続きますね。しかも超大型台風10号が接近し、その進路も気になるところです。

暑い日が続くと車のバッテリーにも色々と負荷が掛かり出かけ先でいきなりバッテリー上がりを起こすこともあります。またバッタリーが上がってからだと近くにホームセンターや車用品店があれば直ぐに購入できますがそこまでの足がないと不便です。また通常の軽自動車のバッテリーは数千円で買えるのですがアイドリングストップ車の場合、専用のバッテリーが必要になりこれが結構高価

そこでネット通販で探すと店舗で買うほぼ半額で購入できるとこが有り、また不要バッテリーの回収サービスも付いてるとこもあります。今回は楽天市場で見つけた回収サービス付きのバッテリーを購入しました。


交換自体は至って簡単です。まずボンネットを開けてバッテリーのマイナス端子を外します。そのあとプラス端子を外し、バッテリーを固定しているステーを取り外落とさないように慎重に車外へ取り出します。この時ビニール手袋を着用すると滑り止め、感電防止にもなるのでお勧めします。

 

新しいバッテリーに乗せ換えて端子を付ける前の状態

乗せ換えた後、バッテリーがしっかり固定されているのを確認してから端子をプラス→マイナスの順番で接続します。この時多少の火花が出る場合がありますが落ち着いて作業します。

端子を接続後、エンジンをかけて動作を確認し問題なければ完了です。私はこの時ナビのデータなどは飛ぶことなくそのまま残っていました。車の時計は再度設定する必要が有り。

その後、更なる確認の為に車を発進させたところメーターの横にレーダー停止の表示。何これ?と思って調べたところ車の前方に付いている車間感知のセンサーがリセットされてしまった為に出たということが分かり対処法も調べたところ数キロ走れば新たに計測がされ正常になるとのこと

 

距離計の下に出てますね。

実際1km走るか走らないかでこの表示が消え、その後正常にセンサーは動作無事完了となりました。酷暑や厳冬期にはバッテリーへの負担が増しますので自分で交換してみたい方の参考になれば幸いです。

レンズ改造の失敗例

オールドレンズを使用していると、たまに改造レンズという物を見かけることがあります。どういった改造かというと本来ミラーレスカメラに取付けることが出来ないレンズを付けれるようにマウント部を加工しピント調整機構のないものはヘリコイド付きのマウントアダプターを間にカマスことにより撮影可能になります。

この方法を知り手持ちのオールドレンズのマウント部を交換すればマウントアダプター介さずにカメラに直付けでき、見た目もスッキリするのでは?と考え試してみました。

物はミノルタMDマウントの広角レンズにEマウント部を取り付ける

元のMDマウント部を外し、ツメが出てるのでこのツメを短くします。このツメは絞りなどに影響しないので短くしても大丈夫でした。そしてEマウント部を付けるのですが位置決めをしネジ箇所を決めドリルでネジ穴を作り固定します。

マウント部を付け替えカメラに接続し、さあ撮影!しかしながらフランジバックの関係でピントが全く合わなくなり失敗でした。カメラから外しセンサーの前にレンズを置いてピントが合う位置に隙間を開けると市販されているマウントアダプターと同じ距離でした。ということでマウント部を付け替えたらカメラに直付けしてもピントが合わなくなります。

次にもう一つ試しました。

それはネオ一眼と呼ばれるコンデジからレンズを取り外したらミラーレスカメラで使えるのか?

ちょうど富士フイルムのSX9100のジャンク品を発見。これのレンズは手動ズーム、ピントのマニュアル操作も可能な様子。

届いたので分解しレンズを取り出します。

レンズの底面にセンサーが有り、ケーブルでレンズと繋がっています。マニュアル操作するので電子関係全て取り除き再組み上げ

いざカメラと接続し撮影! しかしながらフランジバックの問題、そしてピント調節機能は電子回路によりセンサーに伝わる構造だった為ピント合わず。先のマウント部改造レンズと同じようにピントが合う位置まで離すと撮影は出来ますが、APSC専用の魚眼レンズをフルサイズ機で使うと円周魚眼になるような写真しか撮れません。後ろ玉が極端に小さいのが原因と考えられます。寄ってこの改造も失敗。

自分の中でモヤモヤしてた結果が分かりスッキリしました。マウントアダプターはちゃんと計算された上で作られていますね。

CyberShot DSC-HX90Vが素晴らしい (1/24追記)

普段通勤途中に良いなと思った風景や花などを撮影するのにコンデジを常に鞄に入れてるのですが、いつも通りフリマアプリ見ていると今まで使っていたDMC-LX3,DSC-HX10V両方を合わせたようなコンデジの存在を知りました。最近は一眼レフにばかり目が行っていてコンデジの最近機種に疎くなっていました。いつの間にか進化してますね

欲しいと思うと我慢ができないので、各メーカーの高級デジカメを調べることに。

——判断基準——-

ファインダー搭載
光学30倍ズーム
リモコン操作の可否
WiFi対応
2000万画素前後
GPS搭載
という条件で探す

その間に今まで使っていたコンデジを売却して資金捻出し予算と性能を見比べて上の条件を満たす表題のサイバーショットにしました。

新品は今でも良い値段します。もちろん新品買えるほどの資金捻出にはならなかったので中古を購入。この機種にするにあたって悩んだのが同じソニーの高級デジカメであるRX100シリーズ。調べてみると、まぁ綺麗な写真が撮れる!ひと昔前の一眼レフ以上の性能なんですが中古でも人気で値段がそんなに崩れていない。初代なら安くなっていますがズーム倍率・アプリが使えない。

そこでこの機種に。しかもこのHX90VはRX100M3とほぼ同機能
違いといえばズーム倍率とレンズのF値の差。価格もRX100M3よりかなり安い。
程度の良いものを購入し昨日届いたので早速開封

触って最初に思ったのが予想以上に小さく軽い
ファインダーは本体横のスイッチによるポップアップ式。出したあとファインダー部を手前に引いて使用。最初それに気づかずファインダーからの映像がピンボケで不良品かと焦りました。

次に主な機能

GPSはON,OFFが可能
アプリはリモコンとポートレートのアプリのみ対応でした。タイムラプスアプリに対応してないのは残念
手振れ補正も搭載
WiFiでスマートフォンと接続しその場で写真転送可能

実際に撮影した写真載せていきます。まずは広角からの望遠

最広角24mm
綺麗に写る
↓部分へズームすると
光学30倍
いやぁ凄い
そして月も撮ってみました
撮った瞬間「マジか!」と思いました
高感度モードでの撮影ですが月のクレーターまでクッキリ!
これ撮れた瞬間、この機種にしてよかったと思いました。
逆光性能確認
ゴーストは出ますね。
うまく角度を変えると出ないように撮影できます。
夕焼け
めっちゃきれー
マジックアワー
この瞬間たまりませんね

数枚撮影した写真を載せてみました。星空を写すにはレンズの明るさが足りないので向かないですが、それ以外の被写体にはオールマイティに使えるカメラです。スマホ以上の写真を撮りたい、せやけど一眼レフは大げさに感じる人に最適なカメラと思います。新しい通勤の供ができました。

先日スーパームーンの前日に夜空が晴れたので星が写るか試してみました。

すると・・・

ISO、SS、F値をマニュアルで操作。ピントはAFで撮影
ピントバッチリで星も写りました
いやぁこのカメラ凄い!
ちなみにピントもMFで合わすことも可能です。
こちらは光学30倍ズーム、手持ちでの撮影
鳥の撮影でも実力を発揮します。

LEEインナーフィルター制作

星景を撮影してる人には認知度の高いフィルター

その中でもLEE No.3ソフトフィルターが1.2等星をほどよくボカシ、微光星はほぼボケなく前景といわれる風景の輪郭を保持できるフィルターになります。

早速届いたので開封するとホントにペラペラのポリエステルフィルター

もうすこししっかりした材質だと思っていたのですがプラ板以上の薄さのポリエステルです。そのまま使うには不便なのでどうするかというとレンズ前に取り付ける角型フィルターホルダーというものを使用します。しかしながら本来このフォルダーはガラスで出来たフィルター,もしくはある程度の硬さのあるプラスチックなどで出来たフィルターを止めるための物です。LEE専用のフィルターホルダーも発売されているのですが、なんでそんなにするねん!てくらい高い

そこでどうしたかというとamazonにてkenko テクニカルガラスというものを利用。

この中に透明のガラス板が入っているので、そこにLEEフィルターを載せてホルダーにセットしました。

このようになります。あとはこれをレンズ前にセットして撮影します。しかしながらこのまま使用すると星以外の部分にもソフト効果が掛かるのと折角効果なフィルターなのでfisheyeや出目金超広角レンズには使用できません。

それを回避するためにフィルターを半分にカットし角型ハーフフィルターへ変更し、残りの半分を更に加工してカメラ本体とレンズの間に挟み込むフィルターを制作

準備するものは100円SHOPにある硬質カードケース。

これが必要十分な硬度があり且つ薄いので間に入れてもレンズ・マウントアダプターを装着することが出来ます。

作り方がセンサーの部分にあうように硬質カードケースをカットして枠を作り、そこにLEEソフトフィルターを必要分両面テープで貼り付けます。

完成するとこのようになります。



自分的には満足な出来映え

ちょうど雲が晴れていたので試し撮りしてきました。

α7II + SIGMA 24mm f1.8 DG Macro + LEE soft filter no.3 + 光害除去フィルター使用
X-E1 + 7artisans 7.5mm f2.8 fishey + Lee softfilter no.3

近所で撮影したものなのでトリミングしています。

オリオン座を形成する星がそれぞれいい感じにボケてくれています。

これでレンズ関係なくソフトフィルターを使用できるようになりました。

ついでにNDフィルターでも制作

便利です!