ウェイク 整備記録その2

さて本日も波残っていましたが、昨日思いっきり遊びすぎて朝起きれず

朝2で向かっても混雑、波サイズダウン間違いなしなのでウェイク弄り

純正ホーンの音はやはりショボいのでオートバックスに行くと安いのに好みの音色なホーンを発見し購入。帰宅後早速純正と交換

ウェイクもキャンバスと同じくバンパーを外す必要があるのでサクッと外しました。

詳しい外し方は「ウェイク ホーン交換」で検索するととても分かりやすいページがHITしますのでそちらも参照をお願いします。

赤丸の部分のクリップピンを外すと簡単に外れます。バンパーにはフォグランプの配線がくっ付いているのでそれを外してから移動しましょう。一番の難所はサイドにあるスライドクリップ部分と思います。クリップピンを全部外してからサイド部分を接合部分と平行に斜め下へ引っ張ったあと、手前に引くと外れます。

今回選んだホーンはこちら

ホーンには取付けステーしか同封されていないので便利な配線キットも同時購入

BODYへの取り付け位置を決めて固定し電源を純正コードからカブラー利用で分岐し取得。それぞれボディアースして完了。音色は動画撮影

ん~いい音♪

そして次にルームランプをLED化

純正のルームランプはかなり暗いので明るいLEDキットを取り寄せ交換しました。
こちらの交換自体も簡単で純正の電球を外してLED電球を嵌めるだけ。この時の注意点としてLED電球には極性がありますので付けたのに点灯しない場合は向きを反対にして差し込んでみてください。

上の純正からLEDに変えると動画のようにかなり明るくなりました。

バックドアの方も交換

良い感じな仕上がり!

カテゴリー: アフィリエイト, 未分類, , 通販 | コメントする

久しぶりの磯ノ浦へ

風の変わる午後から狙いで行ってきました。

しっかりとしたウネリの良い波!

雨が土砂降りだったせいか結構空いてたのも良かった

3mmジャージフルで入りました。

今年は水温上がるの遅い感じですね。

カテゴリー: | コメントする

ダイハツ ウェイク整備記録

軽自動車の中で最大の車内スペースを誇るダイハツ ウェイク

細かな仕様はダイハツのHPにて参照してください。

実際に乗ってみると一人で行動するには十分な広さと狭い道の先にあるサーフポイントや撮影スポットにもスイスイ入っていける軽快な車
そして燃費(街中で低燃費走行せずでリッター16km前後)も良く高速道路料金も安い
その他の維持費も安く、とても経済的

18万km走って思い入れのあるセレナは娘へ譲り、自分用の車を探していたところ、自分の欲しい装備をすべて備えた程度の良い中古車(H27年式)を約束していたディーラーに向かう際にたまたま寄ったダイハツ直営の中古車販売店で発見。程度も良く走行も普通の距離。対応してくれた担当さんとも息が合いその場で即決と相成りました。

早速いろいろと自分好みに整備をしました。

まずはスモークフィルム
歴代の車すべてに貼っているのでフィルムを貼っていない車は落ち着かない。加えて車内の荷物が丸見えなのは用心が悪い。車中泊時のプライバシー確保にもなるのでネットにてカット済みのフィルムを取り寄せ早速貼り付け。

選んだスモークフィルムはこちらの透過率3%のハードフィルムタイプ

 

車種別にカットされているので、ほとんど自分で調整することなく貼れますが、可動式の後部座席のウィンドウは内張を外さず貼る場合は上下を若干カットする必要があるのと、リアウィンドウの熱線コネクタ部分も自分でカットが必要です。あとは、貼り付け用のゴムヘラと100均で売っているスプレーボトルに中性洗剤を数滴落として100倍くらいに薄めた貼りつけ水を作るだけで作業できます。

ウェイクのリアウィンドウにはハイマウントブレーキランプがついており、この部分のカットを選んでいない場合はこのブレーキランプ部を外す必要があります。

外し方は簡単で画像の赤丸部分に内張剥がしを差し込むとカバーが外れるので、その後ビスを外し引っ張ると外れます。コネクタが繋がっていますが、これを外すのは結構難儀なのでそのままで作業しました。

貼り終わるとこんな感じになり、車内は見えなくなります。

ちなみに透過率5%を選ぶと夜間でも後ろの車は見えますが、透過率3%ではライトの光が見える程度になります。煽ってくる車も気にならないので便利ですが視認性を優先するなら透過率5%が良いと思います。

次に、リアシートのリクライニング加工
ウェイクのシートアレンジにはロングソファーモードというシートアレンジがあります。
フロントシートは両方とも加工せずフルフラットに出来ます。しかしながらリアシートはフルフラットにはなりません。背もたれ部分を前へ倒しフラットには出来ますが、これだと段差が気になり寝るには不向きです。その為リアシートのリクライニングをフルフラット近くまで出来るように加工します。

加工した場合と、そうでない場合の比較写真

左が加工済み、右は純正の状態
このようにかなりの差があります。

これは動画を見て貰えば分かりますが、プレートの出っ張りにより一定以上にリクラニング出来ないようになっています。

この出っ張りを100均やホームセンターで売っている金ノコで切り落とします。安い金ノコで十分切れます。私が使ったのはコーナンにある2本で150円前後の物

切り方はリクライニング部分のカバーを外して出っ張りを切るだけ

この部分を切除してもリクライニングは変わらず使用出来ますが、あくまで自己責任での加工になります。

前の席から通しでフルフラットにし、そこに10cm厚の広げるだけで膨らむマットを敷きます。

 

選んだのはこれ


娘がプレゼントしてくれました^^

厚みが10cmあるのでデコボコがほとんど気にならなくなり適度な角度が付いてかなり寝やすい。足元にポリタンクケースがあっても約170cmの私が足を伸ばして寝ることが出来ます。これはかなり良い

次にミラータイプのレーダー探知機とワイヤレス充電対応のスマホホルダーの設置

まず最初に電源を取る必要があるのですが、ミラータイプレーダー探知機はOBD2端子に繋ぐだけで電源を確保することが出来るのですが、スマホホルダーの方はシガライターにmicro-usbケーブルを挿して充電します。ウェイクにはシガーソケットが一つしかなくそこから配線を回すと邪魔になる。そこでシガーソケットを増設することに。単純にヒューズボックスから電源を取ればいいと思っていたらウェイクのヒューズボックスはエンジンルーム内。。。なんでやねん!

エンジンルームからコードを引き込むにはメンドくさいのでナビの後ろの配線から取ることにしました。ナビのカバーは内張剥がしで簡単に剥がれますので、その後ナビのロックナットを使い外し後ろの赤色の配線に分岐を咬ますだけ

コードを後ろから回しフロントサイドピラー部分の内張を剥がして配線を通します。

こんな感じ結構なスペースがあるのでデッカイOBD2端子も楽々通ります。

車両側のOBD2コネクタがハンドル下にありますので、そこに嵌めるだけ

この配線とシガーソケット分岐配線とダッシュボードとバックミラー部分まで持っていきます。バックミラーへはサンシェードとルームランプ、バックミラー上のカバーを外し、100均で売っているカーテン用のワイヤーレールを利用して通します。

通し終わったら外したパーツをもとに戻し本体と接続して完了

シガーソケットの増設にはこちらを利用

これのソケット部分だけをばらして、100均一で売っている小物入れに押し込んで電源BOX風にして完成

このワイヤレス対応のスマホフォルダーですが高速道路や峠道を走った際も落下することなく非常に安定して支えてくれますし、充電も問題なし、おまけに置くだけで左右の固定フックが狭まるので良い!

しかも激安!
純正のワイヤレスホルダーは5000円前後するのでかなりお買い得感があります。

長文になっていますが最後にハイビームヘッドランプの交換

ロービームはLEDの白色光なのに、なぜかハイビームはノーマルハロゲン球のオレンジ色・・・大変気に食わないので1000円以下で買えるこちらの物に交換

交換自体は簡単でハイビームランプ部分の後ろのキャップを反時計回りに回して外し、バルブのコネクタ部分を持ち同じように反時計回りに回すと外れるので、あとはバルブを交換し戻すだけ

交換後(左)と交換前(右)の比較

納得の色合い
夜間もかなり明るくなりました。

リクライニング部分の説明で車内上方にBBケースを収納していますが、これは下のアームと汎用車内アームを組み合わせて車内ラックを設置して収納しています。車内高が高いので全く気にならずに収納できるのでお勧めです。ショートボードも同じように積めると思います。

波乗りする人たちにはハイエースやキャラバンなどの大型1BOXが人気ですが、そこまで大きな車は要らないけど経済性と広い車内を兼ね備えた車を探している人にウェイクはお勧め!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

カテゴリー: アフィリエイト, 日常, | コメントする

台風スウェル

さて、偶然の予定と、そして狙って行った台風スウェル

まずは6/9の宮崎
たまたま予定していた宮崎行きに台風がイイタイミングで発生
これは初っ端からいただきか?と思いましたが一日早く肩透かし

その後太平洋の南向きの各ポイントで波が炸裂していた時は仕事や用事で行けず

そして今日!ラストチェンスのバックスウェル狙いで京丹後へ

サイズある波満喫!

宮崎はロングタッパー、トランクスで暑いくらい

日本海は3mmフルスーツでちょうどいい感じでした。

デカ波はやっぱ楽しい~

カテゴリー: | コメントする

これは便利~

さて、カメラネタです。

一眼レフを利用している人で強風が吹いている時に風に煽られカメラが揺れる、収納時に嵩張り邪魔になるストラップを簡単に着脱できればいいのになぁ~
と思ったことがある人は多いのではないでしょうか?

その悩みを一気に解決してくれる便利小物を雑誌で知り早速購入

まずは動画をご覧ください。

このように片手で簡単に取り外すことができます。

商品名はこちら

Peak design社のanchor links

パッケージ内容はストラップ側に取り付けるフックが1対

カメラ側に付けるストラップが2対

この1セットでカメラ2台分を補うことができます。

取付けは簡単で写真を参照してください。

見た目も損なうことなく着脱が容易
オマケに耐荷重は90kg!

収納時もスッキリしました。

これは良い!
早速追加で注文しました。

カテゴリー: アフィリエイト, カメラ, 通販 | コメントする

下赤阪棚田

大阪府で見ることのできる棚田風景

ちょうど水が張られ良い時期になったので行ってきました。

α7II+SIGMA 24-70mm f2.8 IF DG EX ASPHERICALで撮影

紫陽花も数株咲いており良い景色

 

 

カテゴリー: 写真 | コメントする

京都芸術花火 2018

雨が上がり開催決定になったので行ってきました!

迫力もあり、めっちゃ綺麗♪

撮影した写真をスライドショーにしてみました。

撮影方法は古典的なうちわ手法

設定はBULB解放、F値18、ISO1000
すべて一枚撮りです^^

 

カテゴリー: カメラ, 日常 | コメントする

CrossFire

今回サーバーPCのメンテナンスに際してVGAカードの交換とフリマアプリにて見つけた Corei7のセットを利用してPCを組んでみました。

古いパーツではありますが以下の構成

CPU Core i7 950
M/B MSI X58M
memory トリプルチャンネルシステムの合計6GB
VGA RADEON HD 5750とHD5770とのCrossFire
SSD 128GB

まずはRADEON HD 5750の一枚挿しでのBenchMark

Core i7の古いモデルですが、それでも最大動作3.07Ghz 4コア8スレッドのCPU性能に助けられ普通の判定

次にHD5750とHD5770との2枚挿しCrossFire

CrossFire環境では通常全く同じVGAカードを利用するのが前提ですが、今回余ったのを組み合わせたのでこのように。性能が異なる場合は下位互換になり今回の場合ではHD5750に合わせた状態での動作となります。

接続方法はCrossFireケーブルで2枚をブリッジ接続します。

カードによってはCrossFireケーブルを指す場所が二か所あるものがありますが、その場合は左側を最初に利用します。1-2は左、2-3なら右と3の左という繋ぎ方。ケーブルをつなぎ合わせWindows10を起動しデバイスマネージャーで正常に認識されているのを確認したらVGAのコントロール画面からCrossFireを有効にします。

有効にしたあとWindowsを再起動し、ベンチマークテストスタート。どれくらい上がるのか?と期待しつつしばし待つ

あれ?10しかスコアが伸びない・・・こんなもんなの?とテンションダウンしたのですが、VGAのコントロール画面からオーバークロック設定が可能なのでHD5750をHD5770に合うようにオーバークロックし再度ベンチスタート

すると・・・

このとおり!劇的にパワーアップ!スコアもほぼ倍になり動作画面を見てても明らかにコマ落ちもなく滑らかに動いていました。テンション上がり設定を最高品質にグレードアップし再度実行

こちらも詰まることもなく、ほぼ数値もダウンすることなく快適に完走~
かなり良い。今まで作ってきたPCで一番の高性能になりました。なんかゲームしたくなりますね。

そしてサーバーPCには写真編集などを快適にするためにnVidia Quadro 2000を導入
QuadroシリーズはCADなどのOpenGLに最適化されたワークステーションPCに搭載されているVGAカード
値段も最新のものになるとかなりの高額カードになり庶民には手がでないので古い型を中古で探し購入しました。

最近見なくなってきた1スロットカード。古いものですがWindows10用のドライバが公式より提供されているので問題なく導入完了

ゲーム向きではないのを承知の上でベンチマークテスト

Cpu Core i5 2400との組み合わせの結果がこちら

当然な結果に納得。コマ落ちしまくりでした。
このあとLightroomにて写真を現像処理。フィルタカマシまくってみましたが明らかにRadeonHD5750の時より早くレンダリングが終了し快適に現像できる。二つのPCを思っていたように完成出来て満足となりました。

 

カテゴリー: PC関連 | コメントする

メンテナンス完了(WordPressの復元の仕方最新版)

備忘録

サーバー環境構築とWord Press 復元完了まで

まず最初にすることバックアップ
残すデータ

apche confファイル(もしくはインストールフォルダ丸ごとコピーでバックアップ)
PHPインストールフォルダ丸ごと
PHP Adminインストールフォルダ丸ごと
PHP AdminのデータベースエクスポートでWordPress使用のデータベースバックアップ(sqlファイルが生成)

Word Pressを最新版に更新してからダッシュボードにて
ツール→エクスポートでxmlファイルの書き出し
ツール→バックアップでデータベースバックアップ(圧縮形式ファイルで生成)WordPressインストールフォルダの丸ごとバックアップ
丸ごとコピーした中から以下を削除
インストールファルダのルート上にあるwp-config.php以外のphpファイルを削除
wp-includeswp-adminフォルダを削除
wp-contentフォルダ内のplugins,themes,uploadsフォルダ以外を削除

サーバー環境復元手順

使用するサーバーソフトのバージョン、アドレス、データベース名は復元前と必ず同じにすること

バージョンが違うと失敗しやすい

① apacheのインストール
私はインストールフォルダ丸ごとコピーだったので、それを戻して
コマンドプロンプトを管理者権限で実行し以下のコマンドでapacheインストール

apache本体のフォルダへcdコマンドで移動しhttpd -k installでインストール実行
installed successfullyと表示されれば成功
ブラウザへ127.0.0.1へアクセスし表示確認

② PHPのインストール

丸ごとコピーしていたバックアップをインストール場所にコピー
システム環境変数へPHPのパスを追加してWIndows再起動
php.infoへアクセスしphpの情報が表示されれば成功

③ mysqlのインストール

msiインストーラーで実行し画面の指示に従いインストール

MySQLコンソールを起動しログイン
WordPressのWp-config.phpに記載した内容に沿って(青字の部分
以下のコマンドでデータベース作成
create database WordPressで使うデータベース名;

データベースに接続するユーザ作成
create user ‘name‘@’localhost’ INDENTIFIED by ‘your password‘;

作成したユーザーにデータベース操作の権限付与
GRANT ALL PRIVILEGES ON database_name.* TO ‘name‘@’localhost’;

設定反映
FLUSH PRIVILEGES;

④ WordPressをインストール(必ず最新版)
公式サイトより最新版をDLしてインストールフォルダに解凍
インストールフォルダにバックアップしていたwp-config.phpを上書きコピー

windows > System32 > defalutにあるhostファイルをDDNSでアクセス出来るように編集
例 127.0.0.1        wordpress.blog

ブラウザでWordpressインストールファイルへアクセス
例 http://wordpress.blog/wp-admin/install.php

blog名、ユーザー名、メールアドレスなどを入力し後は自動インストールで完了します。

ここまででまっさらなWordpress環境の出来上がり

⑤ Wordpress データの復元

丸ごとバックアップしていたWordpressインストールフォルダを新しいWordpressインストールフォルダへ丸ごとコピー

WordPressにログインしダッシュボード → ツール → インポートでxmlファイルをインポート

wordpressダッシュボードからログアウトしてphp adminログイン
メニュー左側のWordpressで使用するデーターベースをクリックし右側のインポートからバックアップしたデーターベース(xmlファイル)をインポート

この時インポートするのはPhpAdminで作成したsqlファイルもしくはWordpressで書き出した圧縮形式のデータベースバックアップどちらか一つで大丈夫

私は今回Wordpressで作成したファイルのインポート時 PRIMARYが重複してるというMySQLエラーが出てうまく行かなかったのでPHPAdminで作成したsqlファイルで成功しました。

以上で復元完了

カテゴリー: PC関連, Word Press | コメントする

フォーカルレデューサーマウントアダプター(VILTROX NF-E)

カメラ用品ネタになります。

大きな種別的にはマウントアダプターになりますが、こちらはAPS-Cミラーレスカメラにてフルサイズに近い画角で撮影することが出来るマウントアダプターになります。

続きを読む

カテゴリー: カメラ, 電化製品 | コメントする